ネットでの風評被害を対策するには?効果的な方法を紹介!

風評被害の具体例を紹介

ネットを利用していると、避けられないのが誹謗中傷被害です。当然、当人が不祥事を起こして誹謗中傷をされることもあるのですが、全く関係のない人まで批判されることがあります。それを風評被害というのですが、かなり悪質であり、他人に迷惑をかけてしまうことになるため、注意が必要です。具体例として挙げられるなら、誹謗中傷されていた自分の親しい友人が誹謗中傷されてしまうということが挙げられます。友人は関係ないのに、中傷されてしまうため嫌な気持ちになりますよね。

風評被害対策をするにあたって

誹謗中傷されて、風評被害を被ってしまった場合には、様々な対策があります。しかし、この対策は一歩間違えると火に油を注ぐという形になってしまい、より誹謗中傷がエスカレートしてしまうこともあるために注意しなければなりません。例えば、ブログで風評被害に遭っている場合に、ブログで誹謗中傷をするなと呼びかけるとエスカレートしてしまうのです。そのために、相手にしないということが一番の方法なのですが、あまりにも酷いとそうはいきません。

かなり効果的な風評被害対策

風評被害対策として挙げられることとして、やはり相手にしないということが一番です。誹謗中傷している人間は、相手にされないと中傷する価値がないとみなし始めるために、中傷が止むまで放置しているとよいでしょう。しかし、より誹謗中傷が悪化してしまうようであれば、SNSにこう書くとよいでしょう。「誹謗中傷が止まらないのであれば刑事告訴します」この一文があるだけでもだいぶ違ってきます。それでもやまなかったら、本当に刑事告訴すればいい話ですからね。

風評被害対策とは、根拠のない情報が広まることを防ぐために、当事者として真実を発信することが必要なものです。