浄水器の効果は?取り付けておいしい水を飲もう!

日本の水道水は安全だがおいしいとは限らない

浄水器を取り付けると、どんな効果が生じるのでしょうか。浄水器には水をろ過するフィルターが付いているので、不純物を取り除いてくれます。日本の水道水はそのままでも十分安全ですが、必ずしも「おいしい」という訳ではありません。例えば、水を通す水道管の劣化によって水に不純物が混じってしまい、味が劣化するということがあるからです。貯水タンクを利用している場合も同様です。したがって、水道水がまずいと感じている人は、浄水器を取り付けることで味の改善を図ることができます。

浄水機を取り付けることで得られる効果

浄水機には何重にもなったろ過装置、活性炭が内蔵されています。ここを水が通ることで不純物は取り除かれ、消毒の塩素のにおいを緩和することができます。味に影響を与える物質を取り除くことで、ミネラルウォーターのような純粋な味を楽しむことを可能とします。したがって、料理はもちろんのこと、コーヒーやお茶を入れる際にもおいしさを実感することが可能でしょう。浄水機の構造は先ほど述べた構造のため、定期的にカートリッジを交換するという手間と費用が掛かりますが、ミネラルウォーターを買い続けるよりは安上がりになります。

浄水機の種類について

浄水機には種類があります。蛇口にフィルターを取り付ける簡易タイプの物、シンクに据え置いて取り付けるタイプなどです。やはり、後者の方がフィルターの構造が複雑である分浄水効果は高まりますが、値段が高くなるのがネックです。そのため、元の水道水の味の程度、購入に充てられる予算などを考慮して、適した方を選ぶと良いでしょう。また、フィルターの性質によっては放射生物質を除去できる物もあります。したがって、求める性能、目的なども判断要素に入れると最適な物が選べるでしょう。

浄水器の設置タイプは大きく分けて3つのタイプがあります。それは、キッチンに収納するタイプ、蛇口に取り付けるタイプ、据え置きタイプです。