コピー用紙の種類を使いこなしていきましょう。

コピー用紙の素材の種類がいろいろ

コピー用紙には、非加工紙と加工紙の2種類が存在します。非加工紙は使用用途が幅広く一般家庭でも使用することができるように紙に対して特殊な加工が加えられておらず、日本にて最も消費されている種類のコピー用紙でPPC用紙とも言われています。対する加工紙とは写真などの光沢紙を始め、マット紙など、目的に合わせたコーディングを施したもので、一般的な書類よりも写真や絵の印刷に向いていますので、どの用途によるかによってコピー用紙を選ぶといいでしょう。

非加工紙のメリットデメリット

非加工紙、加工紙、どちらであってもメリットデメリットはあります。非加工紙は一般的な家庭で使用されていますのであらゆるシーンで利用できますし、コピー用紙ながら、文字や絵など鉛筆やボールペンなどで記入をすることは可能です。しかし、保管場所に注意が必要です。湿気や水に弱いので保管がしっかりできていないと利用するときに紙詰まりなどを起こしてしまうので、水回りの近くには置かず、湿気の多いシーズンには注意しましょう。

加工紙のメリットデメリット

加工紙のメリットとしては、印刷品質が良く、写真や絵等の鮮やかさをより鮮明にすることができます。しかし、加工紙はインクジェットプリンターでは使用できますが、レーザープリンターでは使用できません。また、非加工紙は一般家庭でも使用可能なため、安く購入することができますが、加工紙は印刷品質に比例して価格も高くなっています。そのため、コスト面の圧迫が懸念されています。写真や絵を鮮明にさせたい場合以外に使用するのは避けるのが無難でしょう。

コピー用紙は用途の性質上、大量に消費することからコストを削減するために安価で購入することが大切です。割引などのサービスを行っている業者を利用することが支出を抑える工夫になります。